ガラスコートを利用して愛車のメンテナンスをしましょう

期限を守ろう

運転する男性

車検には有効期限があります。前回車検を受けたときから2年の有効期限があり、車検に合格した日から2年後の同じ日までになっています。車検を受ける時には満了日の1か月前から受ける事ができますが、あまりにも早く車検を受けてしまうと、損をしてしまう可能性があります。車検の有効期限は車に貼られているステッカーで確認できます。有効期限切れの車を運転していると30日間の免許停止や30万円の罰金が必要になってしまいます。自賠責保険は車検の時に更新する方法が一般的なので、自賠責保険が切れている場合には50万円の罰金になってしまいます。また事故のリスクを上げてしまう可能性もあります。このようなリスクを冒さないためにも、有効期限の確認を忘れずにしましょう。しかし中には仕事などが忙しいあまり、車検に行く時間がなく期限切れになってしまった人もいるかもしれません。期限が切れてしまった場合でも車検を行っている業者まで車を運ぶ必要がありますが、その時に運転してしまうと違反になってしまいます。そのような場合は役所で仮ナンバーを発行してもらいましょう。仮ナンバーとは、ナンバープレートに赤線が入っているプレートのことを言います。このナンバーを付けていると、車検切れになっている車でも公道を運転することができるので、業者に自分で行くことが可能です。仮ナンバーを取得する以外の方法で車を車検に出したい時には、レッカー車を利用しましょう。仮ナンバー申請はおよそ1,000円で済みますが、レッカー車を利用する場合には2~3万円必要になります。しかし仮ナンバーの場合は申請の許可が出るまでに時間がかかるため、すぐに車を使用したい場合にはレッカー車が手っ取り早い方法になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 ガラスコートを利用して愛車のメンテナンスをしましょう All Rights Reserved.