ガラスコートを利用して愛車のメンテナンスをしましょう

車をコーティングする

浴室

お風呂に入ると鏡が曇って自分の姿さえも見えなくなってしまう場合があります。お風呂場の鏡が曇っている場合には水で流して曇りを解消する人がいますが、それはかえって逆効果になってしまいます。スーパーなどで曇り止めを購入することはできますが、長期間効果を持続することができないので、損をしてしまう可能性があります。車によく使用されているコーティング剤には曇り止め効果がある成分が配合されています。長年、車に乗っていると光沢もなくなり、無数のキズやすぐに汚れてしまうなどのトラブルが発生するかもしれません。特殊なコーティング剤を塗るだけで新車のような外観の光沢にすることができるので、日本では多くの人が業者に依頼をしてボディーコーティングを行っています。最近では自分で簡単に塗ることができるコーティング剤も販売されていて、種類によって効果や持続できる期間が違います。コーティングを行った後も頻繁に車のメンテナンスを行っていれば、説明書に書かれているよりも長い間きれいな光沢を持続する事が可能ですが、方法を間違えてしまうと逆に塗ったコーティング剤が落ちてしまいます。季節が冬になると車内と外の温度差が原因で窓ガラスが曇ってしまい場合があります。エアコンを使用して曇りを改善しようとする人もいるかもしれませんが、すぐに曇りを改善できなければ、運転が危険になります。曇り止め効果があるコーティング剤を使用すると外と車内に温度差があっても、曇る心配はありません。雨降りにはサイドミラーに水滴がつき、ライトなどの反射により見えずらい場合があるかもしれませんが、コーティング剤は鏡にも使用することができるので雨も弾けます。業者にコーティングを依頼する時には車だけのメンテナンスになりますが、曇り止め効果があるコーティング剤を購入して自分でメンテナンスをする時には、余った材料を利用して自宅のお風呂場の鏡に塗ってしまいましょう。お風呂場の鏡と車に使用されている鏡は性質がまったく同じなので、コーティング剤を塗っても問題はありません。汚れがつきにくくなるので、お風呂場や車のボディーに塗ると、手入れがとても楽になりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 ガラスコートを利用して愛車のメンテナンスをしましょう All Rights Reserved.